摂取する方法は

日本の食卓には海藻を使った料理も良く並びます。ワカメはお味噌汁の具としても使われますし、サラダに入れても美味しいです。あダシには昆布はよく利用されますし、モズク酢が好きな方も多いことでしょう。日本人は日頃から海藻をよく食べていることから、フコイダンの摂取はそれほど難しいことではありません。

モズクただ、ガン予防などの目的で摂取するためには、一定量のフコイダンを摂取する必要があります。一日の摂取量の目安は1~3gとされ、この程度なら食事からでも摂取できそうな気がします。しかし、この量のフコイダンを摂取するためには、多くフコイダンが含まれているとされるモズクでも1kg程度も食べる必要があると言われています。この量を毎日食べるのは現実的に不可能でしょう。

フコイダンの摂取方法は海藻だけではありません。健康効果が期待できることからフコイダンは人気があり、様々なメーカーから健康食品が販売され、そのような商品を利用することで手軽に摂取が可能です。健康食品の中には錠剤タイプだけでなく、ドリンクタイプもあり、好みの方法で一日に必要なフコイダンを摂取できます。しっかりとした効果を得るためには、海藻からではなく健康食品の利用は最も効率の良い摂取方法です。